口腔ケア

歯ブラシ指導

虫歯を作らない歯に

虫歯ができてしまったときには、歯科医院で歯を削り、レジンのような詰め物を入れるのが一般的な治療法です。

しかし、ひとたび虫歯になってしまった歯を元に戻すことはできませんし、詰め物の内側から虫歯が進んでしまうこともあります。

また、まれに詰め物が原因のアレルギーで体調不良を起こす人も見られます。

こうしたことから、最近は、虫歯ができないように予防を重視する「予防歯科」の考え方が浸透しつつあります。

予防歯科について

予防歯科では、継続的に歯のケアに取り組むことにより、できるだけ長く自分の歯を健康に保つことを目指しています。

虫歯をつくる要素として、歯を溶かす酸を出して歯垢をつくる、ミュータンス菌のような虫歯菌や、もともとの歯質、食べ物などがあげられます。

歯質を変えることはできませんが、食事については、糖質を控えたり、だらだら食べないよう気を配ることで、虫歯の予防に効果をあげることができます。

定期的なケアの重要性

また、虫歯菌から歯を守るためには、家庭での歯磨きや、歯科医院での定期的なケアが大切です。

家庭での歯磨きについては、小さなころから食事の後の習慣として身に付けたいものです。

予防歯科に力を入れるクリニックでは、歯石のケアを定期的に受けることができます。

歯石の除去と合わせて歯ブラシを用いたブラッシングの指導を受けられるクリニックが多くなっており、歯ブラシを歯にどのように当てるか、力加減はどのくらいか、など具体的に指導してもらうことができます。